講師

心に火をつける授業をつくりだす。

探究学舎の講師陣は、個性も得意技もそれぞれ違います。でも想いは皆同じ。
「知りたい!」から出発すれば、「学ぶこと」はワクワクするものになる。
興味を持って追求する「探究」は、人生の可能性を切り拓くことになる。
子どもたちがワクワクしながら、それぞれの探究を進めていってほしい。
その想いを胸に、今日も教室で熱弁をふるっています。

講師紹介

宝槻 泰伸

YASUNOBU HOTSUKI

呼び方: やっちゃん
得意技:熱狂させる

この世界の素晴らしさを、どうすれば子どもたちに伝えることができるのか?自分の未来の可能性を、どうすれば子どもたちが気づくことができるのか?そのことに徹底的に向き合って作り出したのが探究学舎の授業です。子どもだけでなく大人もワクワクする、世界にひとつだけのオリジナルの授業。ぜひ体感して、熱狂を味わってください!!!

PROFILE
  • 1981年5月25日 東京都三鷹市生まれ
  • 京都大学 経済学部 卒業

探究学舎代表。幼少期から「探究心に火がつけば子どもは自ら学び始める」がモットーの型破りなオヤジの教育を受ける。高校を中退し京大に進学。次男、三男も続き、リアルオヤジギャグ「京大三兄弟」となる。開発期間5年、子ども達が「わあ!すごい!」と驚き感動する世界にたった1つの授業を求めて、北海道から沖縄まで、時にアメリカ・ヨーロッパ・アジアからも親子が集まる。2017年はのべ約2,000人、2018年は年間約3,000人が参加。5児の父。

高田 和典

KAZUNORI TAKATA

呼び方: タカタ先生
得意技:お笑い算数ネタ

『探究』すると大きな感動に出会います。この感動をみんなにも体験してほしい!
そして『探究』することはとっても楽しい事。
授業中みんなと一緒に探究することに僕自身が全力で楽しんでいます!
『探究』に心躍る大人の姿を見せることが僕の使命です!

PROFILE
  • 1982年12月29日 広島県廿日市市生まれ
  • 東京学芸大学 教育学部 数学科 卒業

面白い事・楽しい事が大好きな、お笑い数学教師。「よしもと芸人」と「高校数学教師」の両輪で活動中。幼少期より「お笑い」と「算数」が大好きで、将来は「お笑い芸人」か「数学教師」のどちらかになりたいと思い「探究」してたら両方なれた。数学嫌いな日本人を減らす為の活動に命を燃やし、算数・数学の話で老若男女を爆笑させる。YouTubeに数学の授業動画を多数公開(【タカタ先生】で検索)。2016年『日本お笑い数学協会』を設立し会長に就任。2017年日本最大の科学イベント『サイエンスアゴラ』でお笑い数学パフォーマンスを披露しサイエンスアゴラ賞を受賞。現在、数学ネタが100個つまった書籍『笑う数学』(KADOKAWA)が好評発売中。

森田 次郎

JIRO MORITA

呼び方: じろちゃん
得意技:即実行(やっちゃえばいいじゃん!)

”好きこそものの上手なれ”
目を輝かせて話す生徒さんたちを見ていて感じていることです。
飽くなき探究を続けてきた偉人たちが、今ここで子どもたちの心を震わせている。
その感動のバトンを落とさずしっかりと伝えたい! そんな思いでいつも声を張り上げてます。

PROFILE
  • 1980年5月13日 東京都渋谷区生まれ
  • 東京理科大学 理学部 物理学科 卒業

一般社団法人ワークスデザイン代表理事/一般社団法人エデュケーション・コミュニティ代表理事。靴下の企画営業、WEBコンサルタントとして従事した後、2014年独立。 その後、課題解決型のフリーランスチームを設立。その他、小学生を対象にした体験型のふれあい教室や幼児から高齢者までを対象にしたマルチボールスポーツ教室を運営。2016年より長野県信濃町にて体験型教育プログラムと関係人口創出の企画運営を行い、現在までに計7回実施。2018年には株式会社ウェイビーとの地方創生事業に参画し、千葉県銚子市で体験型教育を中心とした関係人口創出プログラムを進行中。9月より福井県おおい町商工会まちづくり会社設立および運営支援を開始。

村山 礼

AKIRA MURAYAMA

呼び方: ムラちゃん
得意技:よさこい

この世界にはこんなにもすごいモノがあるんだ!
この世界にはこんなにも神秘的な秘密があったんだ!
まだ見ぬ世界を目の当たりにした時のあの純粋な感情を届けたい。そして、この世界にはくだらないものなど1つもなく、すべてが「尊いもの」なのだよと伝えたくて日々授業をしています。

PROFILE
  • 1993年6月2日 茨城県笠間市生まれ
  • 早稲田大学 教育学部 理学科生物学専修 卒業

小学生の頃から教師を目指し、大学では教育学部に所属し、得意の理科で教員免許を取得するも、自分が理想とする教育と学校教育にギャップを感じ、学校とは異なるフィールドを探しはじめる。就職活動中にたまたま探究学舎と出会い、1年間インターンとして修行をつみ、2017年春に探究学舎初の新卒として入社。授業の草案作成から生徒さんたちに届けるところまで、「探究授業」に関わる様々な分野を担当している。「少年の心を忘れない」ことをとても大切にしており、アニメ鑑賞やマンガ読書など、日々の修行は怠っていない。踊り・自転車・バスケ・ハンドボールが趣味。夏から秋にかけては「祭り漢モード」となり、日本各地で踊り狂っている。

木元 隆雄

TAKAO KIMOTO

呼び方: たかおさん
得意技:早口歴史単語(歴代幕府将軍、歴代天皇)

人が何かを学ぶ時、そこには2つの理由がある気がします。「純粋に楽しいから」「自分の役に立つから」。大人になるほど、役に立てるために学ぼうとしていませんか?これはものすごくもったいない!! 偉大な自然科学の発見も、社会的に優れた業績も、実は一見役に立たなそうなものから生まれることが多いのです。そこにあるのは、ただ純粋に「知りたい!面白い!」という探究心。子どもたちには、ただ純粋に楽しんで探究する大切さを伝えたいです。

PROFILE
  • 1994年12月15日 東京都中野区生まれ
  • 早稲田大学 社会科学部 卒業

高校時代に宝槻泰伸と出会い、学ぶことの面白さに目覚める。2012年、探究学舎創設と共に、第1号生徒として入塾。大学入学以降、そのままバイトとして5年間勤める。在学中は教育系NPOカタリバでのインターンも行い、教育分野における民間セクターの可能性を追求。2018年、探究学舎に新卒で入社。授業コンテンツ作成や教室運営を行っている。またエン人材教育財団と提携し「大学生・社会人むけ興味開発」も並行して開催。「幅広い世代の興味開発」の可能性を模索中。負けず嫌いw

福井 健

KEN FUKUI

呼び方: ふくいけん
得意技:感動して泣くこと

子どもが生まれてから、自分の子はもちろん、いろんなものが素敵に見え始めました。みんな生まれた時から素敵なのです! けれども、それを「学力」や「才能」というフィルターで見ると素敵に見えなくなる時もある…彫刻家ミケランジェロはこう語ったそうです。「石にはそもそも天使が宿っており、彫刻とはその天使を解き放つこと。石の声にしっかりと耳を傾けること。」僕自身も、子どもたちに宿る素敵な部分を解き放てるように向き合いたいと思っています。

PROFILE
  • 1990年4月23日 大阪府松原市生まれ
  • 国際基督教大学中退

2012年(株)FoundingBaseに入社。同社内にて島根県津和野町町長付職員として高校改革プロジェクトを牽引。廃校寸前の県立高校を3年で入学希望者56人から80人超まで回復させる。2014年 同社人事担当へ。年間300人を超える大学生・第二新卒層の若者と面談するなど、採用活動と組織開発に携わる。2017年 上記に加え、探究学舎の講師として活動を開始。二人の娘と暮らす夫・父。娘と一緒に遊ぶこと、人の話を聞くこと、読書、散歩が大好き

向 敦史

ATUSHI MUKAI

呼び方: あつし
得意技:子どもの得意を発見する

授業を通して届けたいものは「知識」ではなく「エネルギー」!
自然に隠された神秘や先人たちの偉業に触れた時、私たちの中にイキイキとしたエネルギーが流れ込んできます。それを受け取った瞬間に生まれる「えー!」「すごい!」といった驚きや感動をみんなで一緒に体験することが大好きです!

PROFILE
  • 1993年12月14日 富山県生まれ
  • 国際基督教大学 教養学部 教育学専攻 卒業

高校に4年、大学に6年通い、2019年3月に3つ下の妹と一緒にようやく大学を卒業。高校在学中に休学し、アメリカ留学。大学在学中に休学し、岡山県立和気閑谷高等学校にて2年間、中山間地域における学校の魅力化に従事。休学マニア。卒業論文「変容的学習論にみる教員の変容の促進要因に関する一考察」では、人はどのように変容するのかについて、上記の高校を題材に研究。人の変容を分析するのが好き。最近ハマっているのは、島巡り。屋久島、青ヶ島などの離島で石ころを拾い、その島がどうやってできたかに思いを馳せて感動している。

森田 太郎

TARO MORITA

呼び方: たろちゃん
得意技:罠を仕掛ける(気づいた時はくやしさ一杯!)

学びは遊びから。遊びの中に、発見や驚き、そして、知りたいと思う好奇心を育てるエッセンスが隠れています。だからこそ、遊ぶならとことん遊ぶ、本気で遊ぶ。大人、子ども関係なく、全力で遊ぶ心を大切にしていきたいと思っています。
私自身も今も昔も変わりなく、とにかく遊び続ける"情熱家の座敷わらし"で居続け、子ども達と一緒に、熱すぎるくらいの情熱で探究の世界を味わっていきます。

PROFILE
  • 1977年4月26日 東京都立川市生まれ
  • 静岡県立大学 国際関係学部 国際関係学科 卒業

幼い頃から遊びが大好き。小学校に入学してからというものの、宿題もろとも何もせず、漢字ドリル、計算ドリルは6年間ずっと新品のまま。スポーツが好きで、一番はラグビー。料理人を目指していたが、ユーゴスラビア内戦を機に、民族問題に関心を持ち、大学進学を目指す。1999年に第1回秋野豊賞を受賞し、2000年2月にNGO「Sarajevo Football Project」を設立。サッカーを通じた平和構築活動に従事する。2006年4月から東京都公立小学校教諭となり、13年間務め、主幹教諭を最後に退職。探究学舎の仲間入りを果たす。
著書:『サッカーが越えた民族の壁〜サラエヴォの灯る希望の光〜』2002年 明石書店

木村 光太郎

KOUTARO KIMURA

呼び方: ピカ
得意技:どや顔で出身大学を伝える

僕が授業を通して伝えたいことは「社会一般の正解を押し付けること」ではなく、「自分の中に正解を持ってもらうこと」です。何故ならば「楽しいと思える生き方を自分で見つけ選択していくこと」が、「楽しく生きること」に繋がると確信しているからです。そのためにも人類の叡智、自然の神秘の素晴らしさを最大限に伝え、「僕はこれが好きだ!」というものを見つけられる授業をしたいと思っています。という硬い話は一旦置いておいて、一緒に探究を楽しみましょう!!!

PROFILE
  • 1991年3月30日 神奈川県川崎市生まれ
  • 東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修了

子供の頃から宇宙が大好き!学部在学中に、1年間アメリカへ留学。大学でピカチュウのリュックを楽しそうに背負っている大学生、それを見て気にもとめない周りの人々を見て、アメリカの文化に衝撃を受ける。大学院進学後、欧州原子核研究機構CERNに従事、素粒子実験を学ぶ。1年間休学をし、もっと日本と文化が離れた国を見るために世界一周の旅に出る(人生で一番楽しかった!)大学院修了後も旅を続けようとするも、友人と調整が合わずニート生活に入る。東大卒ニートでテレビ出演。林先生に絞られる。浪人・留学・休学・ニートと色々遅れながらも楽しく自由に生きる。趣味はカラオケ(玉置浩二大好き!)、ダンス、赤提灯系の居酒屋開拓、そもそも論を考えること。個人としても答えがない授業を自主製作中!

盛田 貫徹

KANTETU MORITA

呼び方: かんちゃん
得意技:誰にも気付かれずに自撮りする。

今、日本では「自分は価値のある人間だと思う」という質問に対して「YES」と答える若者が半分にも満たないと聞きます。自分に価値を見出せない事はとても苦しい事です。私自身も日々生きていく中で、そう感じてしまう瞬間が時折あります。子ども達が自分の価値や可能性を信じて生きていく為に、それぞれが持っている「楽しい!やってみたい!知りたい!」という探究心を大事にして欲しいです。子供たちの探究心を大切に育てられるよう、僕自身も楽しく授業をしていきます!

PROFILE
  • 1993年1月30日 東京都調布市生まれ
  • 明星大学 人文学部 人間社会学科卒業

20代半ばにして腰痛に悩みながらも「遊び心を忘れない」をモットーに生きている。大学生の頃から周囲の人達・テレビ・新聞などから見えてくる「意欲が無く苦しく生きている人達」に違和感を感じる。まずは身近にいる人達から幸せを伝染していきたい!と思い、大学では社会学を学びながら、在学生を対象とした他学部の学生同士が繋がれるワークショップやイベントを定期的に主催。また、教育系NPOカタリバの活動を通して、これまでに3000人近くの高校生を相手にキャリア学習プログラムの一環であるプレゼンテーションを行う。ママチャリで日本中を旅したり、YouTube配信やラジオ配信・漫才ライブなどを行なったりと、周囲の人達を巻き込める楽しい挑戦も欠かさない。お蕎麦と緑茶をこよなく愛している。