探究学舎

知的探究心を触発する。

面白い、知りたい、と心に火のついた生徒は自ら学びはじめます。歴史にロマンを感じ科学の発見に感動する。知的感動体験こそが学び続け意志と心を支える原動力です。生涯にわたって学び続ける力を身につけてほしい。私たちはそう考えています。

ご自宅の地域に校舎が無い場合探究スペシャルをご検討下さい。

新着情報

2016年9月4日

出張授業「探究スペシャル」をスタート

詳しく

【待望の‼︎  “探究スペシャル” お申し込み開始しました!】

通塾はできないけれど、、、
TVや雑誌でみた探究学舎の授業を受けてみたい! というたくさんのご要望にお応えして、

週末限定•単発参加可の “探究スペシャル” を遂にリリースいたしました!

子どもたちに最高の“驚き”と“感動”体験を届けたい、

学びとは本来最高に楽しいもの、

との想いから、
授業というより、まさに 公演 と呼ぶにふさわしいスペシャルコンテンツをご用意しました。

記念すべき 第1回目は、宇宙がテーマ!
科学者と星の物語です。

人類はなぜ遥か遠くの宇宙について知ることができたのでしょうか?

私たちが今、宇宙について知ることができる数々の事実、
そこに至るまで一体どのような知恵と工夫があったのでしょうか?

古代から現代にいたるまで、人々を魅了してやまない宇宙へ至る道のりを

体験型のアクティビティやワークを交え

多くの偉人たちの足跡をたどりながら追体験していきます。

数学や地理、歴史の知識が、どのように人類の発展に寄与してきたか、
そんな視点にも触れることができます。

首都圏をはじめ、これから全国各地で、
テーマも宇宙にはじまり、今後は、歴史、数理科学、生命の進化やアートなど幅広く開催していきます。

初回は 11月12日&13日の週末
10:00〜17:00
ヨコハマ創造都市センターにて
初回特別価格でご参加いただけます!

対象年齢は小4〜中3 ですが
保護者様はもちろん、ご関心のある社会人や高校生以上の方のご見学も受け付けております。

まずは以下の特設サイトをぜひご覧ください。

当日会場にてお目にかかれることをスタッフ一同楽しみにしております!

※お申し込みに関してご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

http://tanqspecial.jp/cosmos/

2016年9月1日

アクティブ・ラーニング特集に取り上げていただきました!

詳しく

現在進行中の教育改革の中心にある、アクティブ・ラーニング。

生徒の主体性を軸に、対話的アプローチを重視する学習・・とは言うものの、実際には<何を><どのように>やればいいのでしょうか??

そんな疑問に答えるひとつの例として、
探究学舎の授業を、今月発売の2誌に掲載していただきました!

『FQ Japan』様には、“プログラミング教育をはじめる前にしっておく〜アクティブ・ラーニング” というタイトルで、

子どもたちにワクワクの種をどうまくか?
家庭では何ができる?

といったヒントを含め、わかりやすくまとめていただきました。

塾関係の方々むけの雑誌『私塾界』様 では、 “アクティブ・ラーニングがはじまる教室”として、すでにアクティブ・ラーニングを実践している塾のひとつとして取り上げていただきました。

この夏に中教審が発表した素案にもとづき、いくつかの事例とともに、アクティブ・ラーニングとは何か? に迫る、教育関係者の方々には特に興味深い特集です。

ぜひご覧になってみてください!

14194236_10153996680088460_1669261930_n 14172071_10153996680093460_713674099_n 14218119_10153996679988460_1996657759_n 14159826_10153996679998460_629573188_n

2016年6月20日

【残席わずか!!】2016夏期講習のご案内

詳しく

2016年 探究学舎の夏期プログラム

 

探究学舎が大事にしている「驚き」と「感動」。
まとまった時間が連続してとれる夏休みは、探究を楽しみ、深めるチャンスです。2016年度の夏期プログラムは、この春実施して大好評を得た【宝槻泰伸の情熱歴史教室】のテーマを拡充し、昨年度より長期休み限定で開催している【ロボット探究】との二本立てでお届けします。お子さん自身の興味関心に沿ってお選びいただくことはもちろん、この機会にまとめてご受講いただくことも可能です。
東京近郊に限らず、愛知、福井、長野、静岡など様々な地域から参加される方々もおり、普段は会えない仲間との出会いから相互の学び合いが生まれるのも夏期プログラムの大きな魅力。また、夏休みという時期を活かした家庭での探究学習のヒントなどもお伝えいたします。探究学舎に興味はあるけれど、通うには遠くて...という方々とも、この機会にぜひ探究の世界をご一緒できることを楽しみにしています!

各プログラムの詳細及びお申し込み方法は、本文の末尾をご覧ください。すでに定員が迫っている教室もありますので、受講を希望される講座にはお早めにお申し込みいただけると幸いです。内容やお手続きに関して、何かご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

 

===予約申込フォームはここをクリック!!!===
http://goo.gl/NK6TcU

 

【宝槻泰伸の情熱歴史教室】
今年の春休みに実施した歴史教室は満員御礼&大変好評で、低学年から高学年まで、みんなで一緒に歴史を探究する場となりました。この夏はさらに、「戦国時代編」「三国志編」「明治維新編」と3つのプログラムを提供します。一般の歴史の授業とは違う独自の切り口から、新たな時代が生まれる中の人間ドラマに触れ、歴史を学ぶだけでなく、お子さんご自身の将来に思いを巡らすきっかけとなる授業を展開します。

 

▪︎戦国時代編
日程:7/27(水)~7/31(日)の5日間
時間:13:30~15:00
費用:25,000円
対象:小学校1年生~6年生
定員:20名
場所:探究学舎三鷹教室
武田信玄・上杉謙信・織田信長・豊臣秀吉・真田幸村など、戦国時代の英雄たちの挑戦のドラマに触れます。「自分にとってどの武将がヒーローだろうか?」という問いを大切にしながら、戦国時代を一気に駆け抜ける5日間となります。テレビやマンガ、小説などでも取り上げられることが多いこの時代。受講後には、身近なところにある歴史の素材を通し、自ら学び取り、深める基礎力を身につけます。

 

▪︎三国志編
日程:8/3(水)~8/7(日)の5日間
時間:15:30~17:00
費用:25,000円
対象:小学校3年生~6年生
定員:20名
場所:探究学舎三鷹教室
一般的な三国志は劉備玄徳を主人公とするものですが、探究学舎の三国志は、劉備、曹操、孫権の3名をそれぞれ主役に立て、三国の英傑たちがどのように駆け引きや協力をしながら時代を作っていったのか、そこにある熱き男たちのドラマを描きます。複雑かつ難解と思われがちなこの時代も、ともに探究することで、チームビルディングや外交戦略など汎用性のある視点も身につけます。

 

▪︎明治維新編
日程:8/17(水)~8/21(日)の5日間
時間:13:30~15:00
費用:25,000円
対象:小学校4年生~6年生
定員:20名
場所:探究学舎三鷹教室
坂本龍馬・吉田松陰・高杉晋作・木戸孝允・西郷隆盛など、明治維新の志士たちの挑戦のドラマに触れます。なぜ徳川幕府を倒し、近代国家を設立する必要があったのか?現在の日本の根底に流れているものはなんなのか?激動の時代から現代につながる要所を探究します。現在のグローバル社会における日本の立ち位置を考える起点でもあり、今後の日本のあり方にも大きな示唆を与えてくれるのがこの時代。魅力的な人物の鮮やかなストーリーに触れると同時に、世界の中の日本、という広い視座も身につけます。

 

 

【ロボット探究】
昨年の夏休みから講習期間限定でお届けしているロボットの探究。ブロックを用いて実際に動くロボットの制作に挑戦します。入門編は車型のロボットを制作してチーム対抗レースに挑みます。発展編はリモコンで操作できるロボットを制作して障害物レースに挑みます。最終日のレースは白熱します!ブロックの組み立てがお好きなお子さんも、動くロボットに興味があるお子さんも、どちらも楽しめる内容で、現代社会で応用される様々なテクノロジーの最も基礎となる部分を学べる講座です。まずは楽しみながら工夫することで、物事の構造や動作の仕組みを体感的に身につけます。

 

▪︎ロボットの探究入門編
日程:7/27(水)~7/31(日)の5日間
時間:15:30~17:00
費用:30,000円
対象:小学校1年生~6年生
定員:20名
場所:探究学舎三鷹教室
初日はロボットがどこまで進化しているのかを座学で学びます。2日目はブロックの使い方を理解するためにキットを制作します。作成したキットは自宅に持ち帰ることができます。3~5日目はチームでオリジナルの車を組み立て最終日のレースに備えます。ブロックやモーターなどを触ったことがなくてもご参加いただけます。

 

▪︎ロボットの探究発展編
日程:8/17(水)~8/21(日)の5日間
時間:15:30~17:00
費用:30,000円
対象:小学校1年生~6年生
定員:20名
場所:探究学舎三鷹教室
入門編との最大の違いはリモコンで操作できるロボットを作る点にあります。その分、モーターも複数個使用して、複雑な設計を組み立てる必要があります。2名でペアを組んで協力して1台を作り上げるプロセスの中に、デザイン・チームワーク・改善といった学びの要素が詰まっています。入門編を受講済みか、もしくはレゴブロックの扱いに慣れているお子さんが参加できます。

 

 

【お申し込み方法】
下記URLをクリックしていただくと、夏期講習の予約フォームを閲覧できます。

 

===予約申込フォームはここをクリック!!!===
http://goo.gl/NK6TcU

 

まずは参加したいプログラムに予約をしてください。予約は6月末日まで有効で、その期間であればキャンセルすることも可能です。ご予約された方には、追って正式なお申込方法の案内をお送りします。※オンラインでのご予約が困難な方はお電話やメールでも受け付けます。

 

 

お問い合わせ
電話:0422-26-5865
メール:tanqgakusha@gmail.com
探究学舎三鷹校:東京都三鷹市上連雀2-4-3大商ビル7F

ご予約が定員になり次第、キャンセル待ちのご案内となります。通塾生からはすでにお申し込みを多数いただいておりますので、まずはお早めにご予約をしていただけると安心です。本件につきまして分からないことや気になることがございましたらいつでもお電話またはメールにてお問い合わせください。

 

 

2016年4月15日

朝日新聞様に取り上げて頂きました!

詳しく

【朝日新聞様(3/19 朝刊)に取り上げて頂きました。】
「主体性」を磨く教室と、3月19日付の朝日新聞様にご紹介頂きました。
記者の方の丁寧な取材、またインタビューにご対応くださった方々、並びにご愛顧頂いているすべての方々に心より感謝申し上げます。
この度は『数』をテーマにした授業を取材頂きました。

数といえば、計算やトレーニングが中心とイメージされるかもしれませんが、探究学舎の学び方は、『深めて、繋ぐ』という特徴があります。
数字はあらゆることと繋がっています。取材頂いた日は数字と『文明』、他にも数字と『自然』、数字と『宇宙』など、身の回りのことや自分の好きなこととの接続を見出した子供は、隠れた数字を見つけるために自発的に割り算を始め、知らない子はそのやり方を尋ね、見よう見まねで一生懸命その手法を身につける。そうした主体的に学ぶ態度を作る授業を『なるほど!』と取材頂きました。
このような貴重な機会を頂き、誠にありがとうございました。

11709892_730903210378889_3623183400411168184_o

すべて投稿を見る

授業レポート

宇宙探究はじまりました!

2016年9月7日

宇宙探究はじまりました!

【地球がゴルフボールくらいだとしたら、太陽の大きさはどのくらい??】

11月12-13日に横浜で開催の
“探究スペシャル宇宙編〜科学者と星の物語〜” http://tanqspecial.jp/cosmos/
に先駆けて、三鷹校では宇宙の探究がはじまりました!
古代の人々が思い描いたユニークな宇宙の姿に、
子どもたちも、見学の保護者様も、スタッフも、一同大笑い。
その中で唯一、古代ギリシャ人は、核心に迫る仮説をたて、
地球が丸いこと、地球の大きさ、地球と太陽の距離などを次々と検証していきます。
そのための道具は、なんと、ただの棒一本!?
さて、冒頭の問いです。地球がゴルフボールくらいだとしたら、太陽の大きさはどのくらいでしょうか?
子どもたちは
「うーん。。バスケットボールくらいかな?」
「サッカーボール??」
実際の大きさを体験してみましょう!
太陽に見立てたこの赤い風船、いったいどこまで膨らむ!?
* * *
探究スペシャルでは、宇宙の広さを存分に体感していただけるよう、広々とした会場で、宇宙の神秘と人類の叡智に迫る特別プログラムをご用意しています。
毎回、探究学舎三鷹校での春・夏・冬プログラムには、全国各地から、そして海外からもご参加くださる方がいらっしゃいます。
遠方からでもぜひご参加ください!
http://tanqspecial.jp/cosmos/

14224744_10154010584868460_3311255118453273501_n 14265065_10154010576978460_5222837823202612453_n

社会課題アイデアソンを実施しました!!

2016年6月22日

社会課題アイデアソンを実施しました!!

【未来の18歳が考えた社会の課題〜最年少は中学1年生!】
 
この夏、いよいよ18歳からの投票が始まります。
 
18歳になった頃には、自信を持って、その一票を投じられるようになっていてほしい。そんな願いを持つ保護者の方も多いと思います。
 
今年2月にさかのぼりますが… そんな期待にも応える取り組み、Yahoo! みんなの政治 様とのコラボレーションで、探究学舎にて社会課題アイデアソンを実施しました!!
 tanq1
“社会課題”と聞くと構えてしまいそうですが、まず、自分たちが日頃感じていることを切り口に、問題だ、と思うことをグループに分かれて挙げていきました。
 
出てきたテーマは、消費税増税、国会議員の発言数、いじめ、など、大人顔負けの問題意識から、市販されているお菓子の中身が減っている、ドラえもんがいないことといった、この年代らしい独特の発想まで!
 
お菓子も、ドラえもんも、決して否定することなく、そのまま掘り下げていきます。
 
すると、お菓子が減っている!といった切実な問題からは原材料の価格高騰、ドラえもんからは戦争とグローバル企業の関連、という社会課題がみえてきました。
 
こんなふうに、子どもたちのユニークな発想の“芽”を大事にするのは、探究学舎の特徴の一つでもあります。今回は、政治や社会のプロであるYahoo!みんなの政治の皆様のおかげで、日常のささやかな疑問が大きな社会の問題に密接に関わっていることが腑に落ちる授業になりました。
 
詳しい内容を下記のサイトにアップしていただきましたので、ぜひご覧ください。
【絵画①】〜なぜそっくりな絵よりもそっくりじゃない絵の方が価値が高いのはなぜなのだろう〜

2016年4月15日

【絵画①】〜なぜそっくりな絵よりもそっくりじゃない絵の方が価値が高いのはなぜなのだろう〜

新年度一発目の授業の今月のテーマは「絵画」です!

■今回のシリーズへの想い
画家って一体どんな人物なのでしょうか。絵が上手い人なのでしょうか。この問いは一見専門的に見えるものの、その本質は汎用性のある問いです。古代ギリシャに端を発する遠近法、ダヴィンチのスフマート革命を経て、よりリアリスティックに現実を切り取ることが価値をもった時代から、印象派、キュビズム、シュルレアリスム、モダンアートなど自らが見た世界を表現する「個性」の時代へと移り変わっていきます。私達は「生き方」もこのように変遷するのでは ないか、考えています。ある程度は正解が見えた「生き方」に、正解がない時代に差し掛かっている今をどのように生き抜くのか、4週に渡り、時代による価値観の変化と並走しながらこの問いを追いかけ続けることで、そのヒントを見つけて欲しいと考えています。

■今週のねらい
今週の授業では、写真のような写実派の絵から、自分の思ったまま描く印象派が誕生したストーリーを追いかけます。その中でゴッホに日本の浮世絵が大きく影響を与えたとことを学びます。多様性の重要性に触れ、絵画の評価の価値基準を広げていきたいと思います。また、振り返りを言語化することで、学びを持ち帰れるような仕組みもとりいれています。浮世絵と印象派を比較するワークでは、探究的な鑑賞にチャレンジする事で、観察力・推察力・思考力の養成を狙って組み立てました。
・多様性: 異文化を理解し尊重する力
・振り返りの言語化: 伝える力、表現力
・探究的鑑賞: 観察力、推察力、思考力

12980678_1021659644568679_1369303183_o

12970123_1021659524568691_706693305_o

12941119_955616501219798_567291954_o

12948597_983671835019666_370769238_o

地球のレシピってどんなものだろう?〜常識を疑い続けた研究者の物語〜

2016年3月21日

地球のレシピってどんなものだろう?〜常識を疑い続けた研究者の物語〜

今回はみんな大好き「カレー」についてまず探究を始めていきました。
「カレーのレシピといえば?」「人参!じゃがいも!お米!カレールー!水!」などなどたくさんの意見が出てきました。では隠し味に入れるとおいしくなると噂の「もも」のレシピって一体何だろう?「ん〜種?」「皮!」「木!」「水!」などこれもどんどん意見が出てきます。じゃあ「水のレシピは?」「木のレシピは?」と細かく考えていくと、1つの大きな問題に当たります。
「地球のレシピは?」
この難問を解くために、5000年も前から人々は頭を悩ませていました。そしてある大天才が1つの答えにたどり着きます。「地球のレシピは、火と水と空気と土だ!」これを言ったのはアリストテレス。かれの発言は何と2000年間も信じられてきました。

2016-03-16 17.23.27

その後、一人の研究者がアリストテレスの説を覆します。彼の名は「ヘンリーキャベンディッシュ」。彼は研究の結果、水を作ることに成功したのでした!そして水を作る素を「水素」と名付けたのでした。そこから世界中の研究者の努力の末、110種類以上の地球のレシピを見つけたのでした。そのレシピをまとめたものを「周期表」と呼ばれています。

2016-03-16 17.23.19

キャベンディッシュはなぜ見つけることができたのでしょうか。それは彼が常に常識を疑うことができたから。当たり前のものを本当かな?と思うことで、新たな発見がされていくのです。

2016-03-16 17.56.49

自然に隠された暗号とは?〜宇宙を作った数字たち〜

2016年3月11日

自然に隠された暗号とは?〜宇宙を作った数字たち〜

さて問題です。
「花、松ぼっくり、うさぎ、桜の木、アンモナイト」の5つのものに共通する規則性は何でしょうか?
「自然にあるもの!」「渦かな〜?」「◯に関係するんじゃない!?」
なかなか難しい問題ですよね。
実はここには「1,1,2,3,5,8,13,21…」という秘密の数字が隠されていました。この数字は「フィボナッチ数」と呼ばれるもので、自然界のいろんなところで観察することができます。
例えば「松ぼっくり」。松ぼっくりを下から眺めてみると渦のようになっています。その渦をカウントしてみると、「13」がみつかります。逆回りの渦をカウントすると「8」となっています。また、「うさぎ」はつがいの数がフィボナッチ数の通りで増えていくと考えられています。では「花」や「アンモナイト」、「桜の木」はどうなっているんでしょうか?ぜひ親子で探究してみてくださいね!

2016-03-09 17.58.16

その昔、数学者のピタゴラスは「宇宙は数でできている」という言葉を残しました。彼は整数と循環小数(0.3333‥など)のみしかこの世界には存在しないと断言しました。整数と循環小数以外の数を見つけたヒッパソスを認めず、海に沈めてしまったぐらいです。それから1500年後にケプラーが花びらの数を観察し「フィボナッチ数」を発見します。そこから整数や循環小数以外にも数がある!ということが広がっていきました。自然界に答えがあったんですね!

授業では神様になりきって木をデザインしてみよう!というワークをみんなで挑戦してみました。葉っぱは木が成長するために太陽光を浴びる必要があります。枝にどのようにつけるといいのでしょうか?子どもたちからは「大きな葉っぱを一枚だけ付ける!」「互い違いに付ける!」「下に大きな葉っぱで上に小さな葉っぱを付ける!」など面白いいアイディアがたくさん出てきました!じゃあ現実の世界ではどうなっているかというと、、「137.5度」ずつズラして葉っぱがついています。これが一番葉っぱと葉っぱが被らずに太陽を浴びることができるのです。

2016-03-09 17.55.34

更に何とこの「フィボナッチ数」は人が美しいと感じる比率「黄金比」と関係があるのです。なぜ自然はフィボナッチ数が隠れているのだろう?何で黄金比と関係があるのだろう?疑問は尽きませんが、ぜひご家庭で話し合ってみてください。

2016-03-06 15.31.58

【宇宙で一番美しい形「まる」の秘密に迫れ!】

2016年3月4日

【宇宙で一番美しい形「まる」の秘密に迫れ!】

3.1415926535…このいつまでも続く数字の列。
そう、みなさんご存知の円周率です。数がテーマの2回目の今回はこの円周率にまつわる人類の物語をひも解きました!

古代エジプト人は、生活を便利にするために、広さの求め方を考えました。色んな形の求め方を考えていく中でエジプト人が苦労したのは「円」でした。四角や三角は縦と横を測れば簡単です。でも、円の求め方はどうするのでしょう。
苦労の末に編み出したエジプト人の答えは直径に対して円の周りの長さはだいたい3,125くらい。役に立てばそれでよかったのです。

しかし、それでは満足しない数学者たちは、答えのない円周率に挑みつづけました。円の中に正96角形を描いたアルキメデスに始まり、様々な数学者たちが挑み続け、今では12,1兆ケタという本にすると日本列島を横断するぐらいまで求められています。
なぜそこまで計算に挑み続けたのでしょうか?彼らの思いはただ一つ「知りたい!」その思いを突き詰める人を私達は「探求者」と呼びました。

また、円には私達を惹きつける不思議な力があるようです。授業では、円と四角の大きさの比べ方や、円の周りの長さを知るために、実際に、紙やハサミを使ってチャレンジしました。

後半では、円柱と四角柱と三角柱一番強いのはどれだろう?という問いに対してたくさん本を載せて比べてみると、円が圧倒的に強かった!他にも自分たちの考えた形で色々挑戦しました!

自然の中には円がいっぱい出てきます。木の幹はなぜ円形なのか?猫はなぜ丸くなるのか?円を知ることは、この世界の知ることにつながっています。身近にある丸いもの見つけて、なぜそれが丸い形を選んだのか?考えてみると面白いですよ!

スクリーンショット 2016-03-04 17.36.24

すべてレポートを見る

探究学習とは

探究学習とは生徒の「探究心」と「自発性」を育てる教育手法です。事実を上から流し込む詰込み学習とは対照的に、「なぜそうなるか?」と問いをたてながら学んでいきます。探究学舎では特に4つのポイントを重視しています。

  1. 教科書単位ではなくテーマ単位で学ぶ
  2. 知識ではなくストーリを学ぶ
  3. 知りたいという気持ちを原動力に学ぶ
  4. 問いをたて「なぜ?」を考える

なぜ探究学習なのか?

事実を鵜呑みにさせるよりも、子どもが知りたがる道を切り拓こう。

事実を鵜呑みにさせるよりむしろ、子どもが知りたがる道を切り開いてやる事のほうがどんなに大切か分かりません。

レイチェル・カーソン『センス・オブ・ワンダー』より

この言葉は『沈黙の春』でも有名な環境学者のレイチェル・カーソンのものです。子どもが生まれながらに持っている力「センス・オブ・ワンダー=神秘さや不思議さに目を見はる感性」を、大人が失わせることのないように、世界がいつも生き生きとして新鮮で美しく、驚きと感激にみちあふれていることを伝えよう。そんなメッセージをのせています。

探究学舎のアプローチ

サイエンス・歴史・人物史を本格的に学ぶ。

サイエンス・歴史は探究学習にふさわしいテーマの宝庫。この世界が驚きと感動に満ちあふれていることを肌で感じ取ることができる学習分野です。人物史からは人の「生き様」を学ぶことができます。自分の将来像を描く偉大なヒントが眠っている題材です。

サイエンス

数学・宇宙・IT・ものづくりなどについて、ストーリー性を重視しながら学んでいきます。

さらに詳しく
生徒の授業ノートを見る

歴史

日本や世界で起こった出来事を、事実の羅列ではなくドラマチックに学んでいきます。

さらに詳しく
生徒の授業ノートを見る

人物史

偉人の人生を学びながら、自分たちはどう生きていくべきか、世界観や人生観を養います。

さらに詳しく
生徒の授業ノートを見る

指導内容

小中高生のそれぞれのレベルにあわせた探究型の指導を行ないます。探究学習は生徒が一斉に黒板を見つめる、従来のスタイルとは異なります。「問い」に対して生徒同士で対話・ディスカッションしながら主体的に「学びあう」プロセスを大切にしています。互いに刺激しあい・かかわりあう中で、生徒たちは勉強の楽しさ、考える楽しさを味わっていきます。

小学生の指導内容

小学生の指導内容は週1回の探究学習となります。サイエンス・歴史・人物史など様々なテーマについての学習を進めながら、興味関心を広げ、主体的に学ぼうとする種まきを行います。

小学生向け探究ゼミ

探究ゼミで扱うテーマの例

  • ほ乳類はどうして生まれたのか?
  • なぜピカソの絵は世界を変えたのか?
  • なぜ植物が虫を食べることがあるのか?
  • どうやって時計は進化してきたのか?

1〜3年生の低学年クラス、4〜6年生の高学年クラスに分かれて授業を進めていきます。実施曜日は各校舎にお問合せ下さい。

小学生の指導内容について

中高生の指導内容

中高生の指導内容も主に探究学習となります。中高生の探究学習は「将来のビジョン」をつくるため、サイエンス・歴史・人物史の他に、政治・経済・哲学などの「世の中を知るためのアカデミックな内容」も扱っていきます。

中高生向け探究ゼミ

  • マイクロファイナンスは貧困問題を解決するか?
  • クリーンエネルギーは環境問題を解決するか?
  • 大学入試改革は教育問題を解決するか?

中高生の探究学習は社会問題も学びながら生徒の問題意識や社会貢献精神を育てます。授業は学年別ではなく合同で行ないます。実施曜日は主に毎週金曜日となりますが詳細は各校舎にお問合せ下さい。

詳しく見る

中高生の指導内容について

代表紹介

探究学舎代表宝槻 泰伸

高校も塾も行かずに京都大学に進学、という特異な経歴を持つ。大学卒業後すぐに起業。映画や漫画、小説、キャンプなどから縦横無尽に学んだ経験を活かし、小学、中学、高校、大学、教育委員会、PTA、職業訓練校、民間企業など、様々な場所で講師としても活躍。幅広い年齢層に対して提供する授業や研修は、世代を問わず聴衆を惹きつける魅力が評判。現在は、探究学習を柱とした教室「探究学舎」の代表を務めながら、出張授業を通して探究学習を全国に届けている。その教育手法は、雑誌・新聞・テレビなど多くのメディアで紹介されている。出演番組『NHKニッポンのジレンマ』。5児の父。


掲載記事一覧


東洋経済ONLINE
高校も塾も行かずに合格!京大3兄弟の秘密

NewsPicks
宝槻泰伸「理想の教育は、子どもの心に火をつけること」

honcierge
2020年に控える大学受験革命で、教育現場はどう変わる!? 「ピラミッド型階層社会の崩壊」と、「親に求められる意識革命」とは



著書一覧


徳間書店
強烈なオヤジが高校にも塾にも通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

PHP研究所
勉強嫌いほどハマる勉強法

小学館
とんでもオヤジの「学び革命」:「京大3兄弟」ホーツキ家の「型破りの教育論」

探究学舎 校舎案内

三鷹校

0422-26-5865

東京都三鷹市上連雀2-4-3 大商ビル7F

  • 小学生:17:00〜18:30/週1回 90分/毎月15,000円
  • 中学生:19:00〜20:30/週1回 90分/毎月15,000円
  • 高校生:20:30〜22:00/週1回 90分/毎月15,000円
詳しく見る

探究スペシャル

探究学舎では、全国の様々な都市で「探究スペシャル」という特別プログラムを開催しています。探究スペシャルは小学校4年生以上の子どもを対象とした短期集中の体感プログラムで、宇宙・生命・海洋・化学の研究や、数学・音楽・歴史・芸術など様々なテーマの中から好きなものを選んで参加できます(※宇宙以外のプログラムは順次リリース予定です)。

開催時期は土日や夏休み・春休みなどの休日なので、保護者も一緒に参加することもできます。この世界の「驚きと感動」に触れ、お子さんの「もっと知りたい!」「やってみたい!」という心に火をつけてみませんか?

探究スペシャル〜宇宙編〜

「宇宙はどんな姿をしているのだろう?」「宇宙はどうやって生まれたのだろう?」きっと誰もがふと疑問に思ったことがあるでしょう。そう、それは太古の昔から人類を魅了し続けてきた謎だからです。その謎を紐解くため、人生をかけた科学者たちがいます。

コペルニクス、ケプラー、ガリレオ、ニュートン、アインシュタイン、そしてハッブル・・・

このプログラムでは、そんな科学者達の挑戦のドラマ、そして解き明かされてきた宇宙の神秘について、体験・体感しながら学んでいきます。

特設サイトはこちら

探究スペシャルにご参加をご希望の方は、以下のメールフォームよりご住所とメールアドレスをご登録下さい。お住いの近くで「探究スペシャル」を開催の折に具体的なご案内をさせて頂きます。

お問合せ

メールでのお問い合わせ

メールで直接のご質問も承っております。件名に校舎名をお書き頂ければ、各校舎の塾長より直接ご回答させて頂きます。

無料体験授業・個別相談のお申込み

お問合せの種類

ご希望の校舎

お名前必須

学年必須

所属する学校

ご住所

電話番号必須

メールアドレス必須

お問い合わせの内容

何で知りましたか?

その他のご意見、コメント

閉じる